神経行動薬理若手研究者の集いとともに - 疾病薬学研究所 小野寺憲治  YNBPsendai
会則 
 [名称]
第1条      本会は神経行動薬理若手研究者の集いと称する。英語名を Young researchers’ society of Neurobehavioral Pharmacology (YNBP)とする。また、略称としてNBPの集いと名づける。
 [目的]
第2条     神経薬理学の先端的な成果と行動薬理学的な手法を結びつけた研究を      プロモートし,臨床病態での脳機能異常を脳内伝達物質の動態と相互作用から解明し,生理機構の解明と創薬に役立つ研究の討論の場を提供することを目的とする。特に若手研究者の育成とともに国際化を目指す。
[事業]
第3条     本会は学術集会および機関誌を発行する。学術集会は年1回日本薬理学会年会の前日に行う。また、複数年(5年に1回程度)に1回、神経行動薬理シンポジウムを開催し、国際化を目指す。 
[会員]
第4条
本会は正会員および特別会員をもって組織する。正会員は本会の目的に賛同し、学術研究に専念し、当会の主催する学術集会に発表または討論のために参加しなければならない。会員の資格は神経薬理学の先端的な成果と行動薬理学的な手法を結びつけた研究を行い,臨床病態での脳機能異常を脳内伝達物質の動態と相互作用から解明し,生理機構の解明と創薬に役立つ研究を行っている者、とりわけ、自称若手を自認する医師、歯科医師、薬剤師を中心とした神経行動薬理学を探求しようとする意欲のある人間であれば、年齢を問わない。また、年会費はそれを徴収しない。 
【除名】
第5条     次の場合は、世話人会が集会参加を拒否することが出来る。          
あ)本会の名誉を傷つけるか、事業を妨害するとみなされた者。        
い)医薬品などの広告を目的として発表しようとしているとみなされた場合。 
【役員】
第6条    本会は学術集会および機関誌を発行継続するために次の役員をおく。   あ)名誉会長、い)世話人代表、う)世話人、え)監事、お)実行委員長、か)実行委員、き)顧問 
【役員の職務】
第7条   あ)名誉会長は本会の会務について助言、指導できる。い)世話人代表は本会を代表し、会務を総理する。会の運営をスムースにするため、世話人を10名程度指名し、世話人会を組織させ、評議をもって会を運営する。う)世話人は、世話人会を組織し、本会会務を執行する。え)監事は、決算および予算の会務について審議する。お)実行委員長は、神経行動薬理若手研究者の集いを開催し、その企画、運営、経理を行う。通常、世話人から選ばれる。適当な人材がいない場合、世話人代表が適当な人材を選出する。か)実行委員は、実行委員長の開催する年会やシンポジウムなどの企画、運営、経理を補佐する。き)顧問は、実行委員長の開催する年会やシンポジウムなどの企画、運営、経理にアドバイスできる。ただし、年会経験者に限る。 
【研究集会】第8条      世話人会は研究集会を適切に行うため、研究集会実行委員長を選出する。研究集会実行委員長は実行委員会を作り、集会を日本薬理学会の前日に開催する。これに関わる予算は実行委員長の責任において全てを取り仕切るが、会計監査は実行委員長の指名により実行委員から2名を選出し、これにあたる。研修集会終了後3ヶ月以内に会計報告及び会計監査を行い、世話人会へ報告する。国際シンポジウムも同様に処理する。 
【事務局】
第9条     事務局は以下の住所, 施設内に置く。
所在地:〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1
東京医科大学医学総合研究所 
分子予防医学寄附講座 代表 医学博士 稲津 正人(Masato Inazu)
TEL: 03-3351-6141, EXT: 209