神経行動薬理若手研究者の集いとともに - 疾病薬学研究所 小野寺憲治  YNBPsendai
平成25年 3月~

疾病薬学研究所概要
本研究所は、おもに医薬品の研究・開発を目指しており、疾病の病態生理を究明しながら、いかに適切な薬物治療を行うか研究する場所である。また、薬学関連の書籍の発行、卒後教育などを通じて、コメデカルに対する啓蒙活動を行うことを目的とする。
また、神経行動薬理学若手研究者を育成し、YNBPの会の発展に寄与することも目的とする。

所在地:
〒980-0822 仙台市青葉区立町23番20-501
疾病薬学研究所 
所長 小野寺 憲治
TEL & FAX 022-797-6985

活動拠点:
989-2455
宮城県岩沼市北長谷字畑向山南27-4
てんかん専門病院ベーテル 
薬剤科 科長
臨床薬理研究部門 部長
小野寺 憲治
電話番号    0223-24-1211
FAX番号   0223-24-2265
e-mail:Kenji Onodera <spcp9y29@eos.ocn.ne.jp>


研究業績・概要
 小野寺憲治
職歴
昭和55年4月~平成4年7月まで
東北大学文部教官助手に採用、歯学部歯科薬理学講座
昭和63年4月 文部省在外研究員としてフィンランド共和国出張
(クオーピオ大学医学部・薬理学毒性学教室へ派遣、昭和63年11月まで)
平成4年7月~平成12年8月まで
東北大学文部教官講師 歯学部歯科薬理学講座・大学院歯学研究科(薬理学、歯科薬理学担当)
平成9年5月
スペイン王国出張(第26回 ヨーロッパヒスタミン研究会・年会円卓シンポジウム、セビリア市)
平成12年8月~平成20年3月
岡山大学文部教官助教授 歯学部、口腔基礎病態学科目、歯科薬理学講座・大学院歯学研究科担当(薬理学、歯科薬理学)大学設置・学校法人審議会の教員組織審査の結果、岡山大学大学院医歯学総合研究科専任助教授
平成13年9月~平成20年3月
徳島文理大学大学院薬学研究科、非常勤講師(薬物治療学および医療薬学担当)
平成14年9月
摂南大学大学院薬学研究科、非常勤講師(薬理学担当) 
平成17年~平成203
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 准教授
平成204平成252
横浜薬科大学薬物治療学研究室 主任教授  
平成254月~   
てんかん専門病院 ベーテル 薬剤科長および臨床薬理研究部・部長
および疾病薬学研究所・所長

平成27年4月1日~
NPO法人 ヘルスサイエンス地域国際センター
NPO法人 「口腔健康科学ネット Oral Health Science Net」
 (新事務所 岡山市北区富田町1-2-1)
 アカデミーカフェサロン・スーパー大学院 理事となる

◇所属学会
日本薬学会、日本薬理学会、日本神経・精神・薬理学会
歯科基礎医学会、日本ヒスタミン学会、応用薬理研究会
神経行動薬理学若手研究者の集い、日本緩和医療薬学会
◇現在の専門分野 
薬物治療学、薬理学・臨床薬理学
現在の研究課題 
てんかんの病態解明と抗てんかん薬の臨床薬理学的研究
高齢者に関する薬理学的・薬物治療学的研究
小児の医療現場における医薬品の適応外使用に関する薬物治療学的研究
薬の味覚が薬効とコンプライアンスに与える影響について
主要研究業績
研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD) 
http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901059030849208
ヒスタミンニューロンの中枢神経系における役割 (不安、鎮痛、記憶、認知など)
抗てんかん薬の骨代謝に対する影響 および 骨粗鬆治療薬の開発
受賞
昭和61年12月 日本薬学会東北支部奨励賞受賞
平成 3年 3月 日本薬理学会学術奨励賞受賞
平成16年11月 韓国応用薬物学会学術奨励賞受賞
◇最近の研究業績
著書
1. 小野寺憲治 監修 疾病薬学 pp1-364 医学評論社 (2013/4)
2. 小野寺憲治 監修 わかりやすい薬の効くプロセス ネオメディカル社 pp1-498 (2013/3)
3. 小野寺憲治. コメディカルによるバイタル異常・急変・ME機器でのアラ-ムサインへの
  アプロ-チ ― 緊急治療を要する疾患の病態生理と薬物治療. pp1-186 薬事日報社 
  (2010/04)
4. 小野寺憲治、松田佳和編集、医薬品の販売者となるために-登録販売者標準テキスト-、
  改訂版、薬事日報社、(2010.3月31日)
5. 小野寺憲治、ベーシック薬学教科書シリーズ16 薬理学 化学同人 (2009.4.30)
6.  小野寺憲治、小野寺憲治編集、わかりやすい薬の効くプロセス、pp16-58、ネオメディカル  
  (2008)
7.  小野寺憲治 編集・企画、薬剤師・MR・コメディカルのための救急医療マニュアル、
  pp1-149、エルゼビア・ジャパン(2007)
8. Takahashi A, Onodera K, Saitoh H, Sugawara M, Shinoda H and Mayanagi H:
  Effects of antiepileptics phenytoin, zonisamide and valproate on bone metabolism
  in growing rats. Interface Oral Health Science. Watanabe, Takahashi and Takada,   
  Elsevier , BV  pp87-88 (2005)
9. 岡野 善郎、神谷 晃、松山 賢治、小野寺憲治、本屋 敏郎(編集)病態マニュアル 
  南山堂 (2005)
学術論文
1. Yumita N, Iwase Y, Nishi K. Onodera K, Fukai T, Ikeda T,. Umemura S, and Momose Y. Apoptosis of HL-60 cell induced by  sonodynamic therapy with zink phthalocyanine tetrasulfonate  Pharmacometrics  82 (5/6) , 75-83(2012)
2. Yumita N, Iwase Y, Nishi K, Komatsu H, Takeda K, Onodera K., Fukai T, Ikeda T, Umemura S, Okudaira K and Momose Y. Involvement of reactive oxygen species in sono-dynamically Induced Apoptosis by novel porphyrin derivative,  Theranostics, 5、 433-438(2012)
3.  Yumita, N, Iwase Y, Nishi K., Ikeda T, Fukai T,  Takeda K., Onodera K, Umemura S, Okudaira K、and Momose Y.   Involvement of reactive oxygen species in sono-dynamically induced apotosis by 4-formyloximeetylidene-3-hydroxy-2-vinyl-deuterio-prophynyl(IX)-6-7-diaspartic acid (ATX-S10). Biochemistry and Analytical Biochemistry S2-001、501-506(2011)
4.  Mizoguchi H, Komatsu T, Iwata Y, Watanabe C, Watanabe H, Katsuyama S, Yonezawa A, Onodera K, Sakurada T, Sakurada S. Partial in-volvement of NMDA receptors and glial cells in the nociceptive behaviors induced by intrathecally administered histamine. Neuroscience Letters 495,(2)(2011)
5. Yumita, N, Iwase Y, Nishi K, Ikeda T, Komatsu H, Fukai T, Onodera K, Nishi H, Takeda K, Umemura S, Okudaira K. and Momose Y. Sonodynamically-induced Antitumor Effect of Mono-l-aspartyl Chlorin e6 (NPe6)  Anticancer Research 31, 501~506 (2011)
6. Demircioglu RI, Usta B, Muslu B., Sert H, Okano Y, Onodera K, and Gozdemir M. Combination of Small Doses Of Subarachnoid Morphine With Systemic Diclo-fenac Improves Analgesia During 48 hours After Cesarean Delivery. Journal of Hard Tissue Biology 19(2), 117-122 (2010)
7. Watanabe C, Orito T, Watanabe H, Mizoguchi H, Yonezawa A, Yanai K, Mobarakeh JI, Onodera K, Sakurada T, Sakurada S.:Intrathecal high-dose histamine induces spinally-mediated nociceptive behavioral responses through a polyamine site of NMDA receptors. Eur J Pharmacol. 581(1-2), 54-63 (2008)
8.   市川勤、小野寺憲治、甲状腺機能亢進症、Clinical Pharmacist, 65, 10-11(2008)
9. 小野寺憲治、むかつき、嘔吐、鼓腸を伴った消化性潰瘍、Clinical Pharmacist, 63, 10-11(2008)10. Hirano S, Miyata S, Onodera K, Kamei J. Involvement of dopamine D(1) receptors and alpha(1)-adrenoceptors in the antidepressant-like effect of chlorpheniramine in the  mouse tail suspension test. Eur J Pharmacol. 562(1-2), 72-6. (2007)
11. 小野寺憲治,松田佳和,市川勤,岡野善郎,福本真理子,田口真穂、宮原龍郎、野村靖幸: 質の高い薬剤師を目指して第 1 回、救急医療,とりわけ薬・毒物中毒医療への薬学からのアプローチ 薬局5811、139-147 (2007)
12. 小野寺憲治,松田佳和,市川勤,寺島千恵子、野村靖幸:質の高い薬剤師を目指して 第 2 回、リスクマネージャーとしての貢献 薬局5812、120-129(2007)
13. 小野寺憲治、松田佳和、排尿障害-過活動膀胱-、Clinical Pharmacist, 59, 10-11, (2007)
14. 小野寺憲治、小嶋純、松田佳和、くも膜下出血の外科治療における管理(1)、Clinical Pharmacist, 60, 10-11, (2007)
15. 小野寺憲治、小嶋純、松田佳和、くも膜下出血の外科治療における管理 (2)、Clinical Pharmacist, 61, 10-11, (2007)
16. Hirano S, Miyata S, Onodera K and Kamei J: Effects of histamine H(1) receptor antagonists on depressive-like behavior in diabetic mice. Pharmacol Biochem Behav , 83, 214-220. (2006)
17. 十川紀夫,十川千春,林由起子,平井幹士,小野寺憲治,北山滋雄 : セファランチンはメタロチオネイン誘導を介してシスプラチン誘発腎毒性を軽減する. アルカロイド研究会誌32, 107-109 (2006)
18. 小野寺憲治、救命救急医療 第1回 救急医療の変革期において,薬剤師は職能を発揮し,何をなすべきか. 薬局 57, 2815-2822 (2006)
19. 小野寺憲治、松田佳和,輿那正栄,小清水英司,山田健二,井上みち子,福本真理子,岡野善郎,野村靖幸: 救命救急医療 第2回 災害および救急救命医療に対応する薬学教育の必要性について. 薬局57, 2991-2997 (2006)
20. 小野寺憲治、: COPD. Clinical Pharmacist 57, 10-11. (2006)
21. 小野寺憲治、: エコノミークラス症候群(下肢深部静脈血栓症と肺塞栓症の合併). Clinical Pharmacist 56, 10-11. (2006)
22. 小野寺憲治、,栗林義和: 高尿酸症(痛風). Clinical Pharmacist, (2006) 55, 10-11
23. 小野寺憲治、松田佳和: 異型狭心症. Clinical Pharmacist, 54, 10-11  (2006)
24. Takahashi A and Onodera K: Valproic acid induced osteopenia and its prevention with alfacalcidol and alendronate. J Hard Tissue Biology 14, 275-276. (2005)
25. Sogawa N, Sogawa C, Yamamoto T, Onodera K, Oda N, Furuta H and Kitayama S : The Role of Metallothionein in Hard Tissue. J Hard Tissue Biology 14, 269-270 (2005)
26. Saitoh A, Yoshikawa Y, Onodera K and Kamei J: Role of delta-opioid receptor subtypes in anxiety-related behaviors in the elevated plus-maze in rats. Psychopharmacology (Berl) 182, 327-334 (2005)
27. Kamei J, Hirano S, Miyata S, Saitoh A and Onodera K: Effects of first- and second-generation histamine-H1-receptor antagonists on the pentobarbital-induced loss of the righting reflex in streptozotocin-induced diabetic mice. J Pharmacol Sci97, 266-272 (2005)